2006年03月25日

みきおのおじいちゃんの3回忌

私(ママ)の父親が他界して、2年経とうとしています。
この3月に3回忌を迎えます。

みきおが1度目の葛西術を受けて入院していたころに、
毎週日曜日に面会に来ていました。
「がんばれよ!早く退院しておじいちゃんと遊ぼうな。」
いつもそんな感じの言葉をかけて、小さなみきおの手を握って
笑いかけていた、私の父親でした。
帰り際、私に「また来週面会にくるから。何か困ったことがあったら
何でもいいなよ。お父さん一生懸命仕事するからな、お金大丈夫か?」
「お金の心配はいらないよ、大丈夫だから・・・。
お父さんも体に気をつけてね。また面会にきて!」

そんな会話をして見送って、その5日後に突然倒れてしまいました。

みきおが入院している、隣の救命救急病院に運ばれ、もうその時は
本人の意識は無い状態でした。
くも膜下出血で、手の施しようが無いといわれました。

もう、なんにも言葉がでませんでした。

私が妊娠中のころ、よく電話をしてきてはとても心配してくれた父でした。
みきおが誕生した時も、とても喜んでくれました。
みきおが大きな病気だとわかったときも一緒に泣いてくれて、
そして励ましてくれました。

本当にとてもやさしい父親でした・・・・・。

元気になって頑張っている、みきおの姿をみせてあげられなかったことが
とても残念で、とても悔しいです。


この2年の間に、いろんなツライことがありました。
でも、きっと父親が励ましてくれているだろうと思います。

あっという間に3回忌だな・・・と、思いました。


みきおママ
posted by みきおパパ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15451606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。