2006年06月11日

熱下がりました

昨日の夜38℃台まで熱が上がりましたが、今日は朝から37℃台で収まっています。
これで一安心。

昨日から出てきた赤斑が、だんだん増えてきてしまいました。
以前受診した病院に電話をしたところ、当直の小児科医の指示でこの間処方された抗生剤を中止して、明日受診してくださいと言われました。

みきおは、かなり元気になりました。
雨が降っているのに散歩がしたくてしょうがないみたいです。
しょうがないので車に乗せてちょっとドライブに行きました。

目を離していたら勝手にオムツを被っていました。
GRL_0073.JPG

posted by みきおパパ at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

発熱4日目

昨日の夜中からまた39℃を超える熱が出ました。
でも朝になると37℃まで下がっていました。

このままでいてくれたら良いのになー。

午後になるとまた39℃を超えましたが、しばらくすると寝てしまい夕方起きたときには結構機嫌が良かったのでちょっと安心しました。

昨日までよりは熱の上がっている時間が短くなってきています。

こんどは、体に赤い斑点が出てきました。しばらくお風呂に入ってなかったので湿疹がひどくなってきたみたいです。
ほんとに湿疹だと良いんですが細菌などの感染だとちょっと怖いですね。
また一つ心配が増えました。

昼間機嫌が良かった時の一枚
IMG_1982.JPG
熱があるようには見えませんね。

  みきおパパ
posted by みきおパパ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

発熱3日目

今日の深夜から未明にかけては、39度8分まで熱が上がってしまい解熱剤(アンヒバ)を使ったところすぐに寝てくれました。

朝起きてから夕方までは、37℃から38℃台で調子よく遊んでいましたが夕方からまた熱が上がりはじめて39℃以上になってしまいました。
起きている時は氷入りのリュックをしょっています。

夕飯の前にまた解熱剤を使うと10分もすると機嫌が良くなったので、食事と水分補給をしました。
熱が少し下がれば食事も水分も摂れるのでだいぶ助かります。水分が摂れなうようだと入院して点滴をしなえればいけません。

昼間の様子だともう大丈夫かとも思えたんですがもう少し頑張るようですね。

  みきおパパ
posted by みきおパパ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

発熱

昨日の朝からみきおが熱を出しています。

6月7日朝6時ごろいつものようにみきおの検温をしてみると、38度3分の熱がありました。
みきおは移植後退院してからほとんど熱を出したことがありません。
そんなみきおが突然38℃を超える熱を出すなんてかなり驚きました。
風邪などの症状も無く昨日まで何とも無く元気でした。
だからと言って今日は元気が無いかというと、かなり元気です。

昨日は、病院の外来が無い曜日だったので、当直の先生に電話で指示を仰ぎます。その後移植コーディネーターの方とも連絡が取れて外来で診てもらえることになりました。

採血の結果は、AST 47 ALT 44と少し高くCRPも2.38と上がっていました。
その他には異常がなさそうでした。肝機能の値もこのぐらいの上がり方なら拒絶では無い様なので、何かの感染だろうと言うことでした。
何に感染したかというと、白血球の値がどちらかというと低いので菌よりもウィルス感染ではないかと言われました。ただ何に感染しているかは、特定できないようです。
熱は相変わらず38℃以上ありますが、みきお自身機嫌もよく貸切の診察室で元気に遊んでいるのでそのまま帰って良いといわれました。
2時間かけて家まで帰ります。

3時頃家に着くとみきおの機嫌があまりよくないので熱を測ってみると39度6分ありました。様子を見ることにしましたがやっぱり心配です。
夕方もう一度先生に連絡してみたところ水分や食事が摂れているなら様子を見るように言われました。また解熱剤を使ってもいいと言う指示なので以前緊急用に処方しておいてもらった解熱剤を使ったところ38℃台まで熱が下がり大分機嫌も良くなりました。
機嫌の良いところで食事と水分の補給をしました。

食事が終わった頃からまた熱が上がり始め今度は39度9分まで上がったので、移植コーディネーターに連絡して今度は近所の大学病院の小児科で診てもらえることになりました。

ここでも血液検査をしてもらいました。
結果はCRPと白血球の値が少し上がっているだけで他は変わりありません。
心配していた肝機能の値も変わっていませんでした。
やはりウィルス感染だろうと言うことなのですぐに出来る種類の検査をしてもらいましたが陰性でした。ウィルスの特定は出来ませんでした。

点滴をしてもらって帰ってきたのは午前4時近くでした。
とても長い一日でした。

今日も熱の上がり方は昨日と同じような感じででした。
でも熱が38℃台の時は結構元気に遊んでいます。
あと2,3日は熱が続くだろうと言われているのでもう少し頑張ります。


  みきおパパ
posted by みきおパパ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

皮膚科外来

6月1日今日は皮膚科の外来でした。
朝、早めに着いて皮膚科の初診の受付をしていると途中で呼び出されて、皮膚科の受診をした事があると言われました。
移植前後は色々な検査があるので、自分たちも気が付かない内にカルテが出来ていたみたいです。

診察の結果は、貨幣状湿疹と言う事でした。
真菌やウィルスなどでは無いと言うことなので一安心。

みきおの場合もともと肌が弱いようでそのままにしておくと皮膚炎が全身に広がってしまうかも知れないのでステロイドの軟膏やローションを処方してもらいました。
パパも皮膚が弱いので、みきおに移ったのかもしれません。
また、免疫抑制剤を飲んでいるので皮膚炎が、抑えられているかも知れないとも言われました。
とりあえず処方された薬を使って様子を見て、2週間後にまた診てもらいます。

移植外来と違い皮膚科の外来は早く終わったので、帰りにちょっとドライブしながら途中ダムサイトにある公園によって来ました。
平日なので比較的すいていて、みきおものびのびと遊べました。

IMG_1973.JPG

くたくたになるまで走り回って帰りの車の中ではぐっすり寝ていました。


 みきおパパ
posted by みきおパパ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 外来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

5月30日外来

昨日5月30日移植外来でした。
血液検査の結果は、AST 34,ALT 37,GGTP 16でした。
最近は、だいたいこの位で落ち着いています。
ただ、先生の考えではAST ALTは10台に成っていてもいいと、思っているようです。
移植に関係した所見は、その位でしたが以前からあったかぶれが、ここの所凄くひどくなってしまいそちらの方が先生も気になるようで大学病院の皮膚科を受診するようすすめられました。
近所の皮膚科で言われた皮膚炎と言うだけではなく、原因や症状などをもう少しはっきりさせないといけないようです。
その結果しだいでは、免疫抑制剤の量やステロイドの使用なども考えないといけなくなるかもしれないと言う事でした。
という事で明日大学病院の皮膚科を受診してきます。

後一ヶ月半ほどで、移植から1年半になるので、また検査入院があるのかと思っていたんですが今回は外来で出来る範囲の検査をして異常があれば入院ですが、大丈夫なようなら2年目のチェックアップまでは入院は無いようです。
ちょっとうれしい結果でした。

みきおパパ
posted by みきおパパ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

喉頭炎、かぶれ、良くなりました

小児科で処方された薬がきいたようです。喉頭炎がだいぶ良くなりました。咳き込むのも少なくなり、声かれも無くなったようです。でも、たんが少しからんでいます。口のまわりのかぶれは、一時期よりは良くなりましたが、きれいに治る様子はなさそうです。首や背中にもあせものようなものができてしまいました。治すことよりも、ひどくならないように気をつけていきたいと思います。

5月30日は、外来の予定です。

みきおママ
posted by みきおパパ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

守る会

一万人に一人の割合で、胆道閉鎖症の子供が生まれています。
みきおも、そのうちの一人です・・・・・。
胆道閉鎖症と診断されて、いったいそれがどんな病気なのか、何が原因なのか、どうすればいいのか・・・・・。調べたいことはたくさんあるのに、調べている時間がないうちに、一度目の葛西術が行われることがほとんどではないでしょうか?胆道の再建によって肝臓への負担をなくさなくてはいけません。
迷っている時間はないのです。早めの手術が必要なのです。

「胆道閉鎖症の子供を守る会」というものがあります。
葛西術の経験、肝臓移植の経験、手術後の生活面、就学、就職など相談することも可能です。年1,2回ほど支部会が開かれていて、それぞれの経過や心配事など話し合う機会も設けられています。

ご参考まで・・・。


みきおママ
posted by みきおパパ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 胆道閉鎖症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

皮膚科へ

今日は皮膚科へみきおを連れて行きました。
実は1月くらいから口の周りがかぶれてしまっていて、治ってきたり、またひどくなったりを繰り返していたのです。薬を塗ると良くなるのですが、塗らなくなってしばらくすると、またかぶれてしまいます。かぶれている部分も(ちょっと怖いかもしれないけど)石鹸で汚れを落として、ヨダレなどはこまめにふき取り薬を塗って、乾燥を防ぐことが良いそうです。何か悪いものの感染ではないとのことです。でも前よりひどくなってしまったので、今日はステロイドが少し入っている塗り薬を処方されました。3,4日の使用で様子をみることになりました。

みきおママ

最近のみきおです。
IMG_1878.jpg
posted by みきおパパ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

喉頭炎

先週あまり良い天気ではなかったのですが、パパの仕事が休みになったので、箱根にある水族館へみきおを連れて行きました。入ってすぐのところで記念撮影があって、その奥にとても大きな水槽がありました。その水槽にはいろいろな種類のいろいろな魚が自由気ままに泳いでいました。思っていたよりも広い水族館で、他にもペンギンやアザラシなどたくさん見ることができました。初めて行った水族館、みきおはとても大喜びしていました。帰りに入口で撮ってもらった写真を買いました。とても良い記念になりました。

それから何日か過ぎて、みきおが咳をするようになり寝起きの声も今までよりかれてしまったようだったので、念のために近所の小児科に連れて行ったところ、喉頭炎と診断されました。移植手術をしたことを話して、薬を処方してもらい、今だいぶ良くなってきたところです。熱が出ることも無く食欲もあるので本人はとても元気です。
薬が、肝臓の負担になっていないといいのですが・・・・・。
posted by みきおパパ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。